生物

ボルボックスの採集と観察

この夏、琵琶湖の南でボルボックスを採集しました。

普通の家庭でボルボックスを培養する場合、Volvic(ボルヴィック)や「六甲のおいしい水」が良いと言われています。
(「六甲のおいしい水」は大小のボトルで成分が違います。私は2Lボトルのを使っています)
ボルヴィックのボトル1本に対して、「ハイポネックス」を肥料として1滴加えることでよく殖えます。
ただし、長期間培養すると次第に色が褪せてきて弱ってしまうようです。赤土や貝殻(焼いたもの)を加えておく方がいいという情報もありました。 続きを読む

顔ダニを撮ってみた

ひと頃「肌荒れの原因」として顔ダニ(ニキビダニ)がマスコミで騒がれたことがありました。
現在では顔ダニは「過剰な皮脂を処理してくれる」と言われています。
ほぼ全ての人に寄生しており、ニキビなど皮膚に異常がある場合を除いて悪さをする物でもなさそうです。 続きを読む

ハエトリグモの食事

ハエトリグモは、1cm程度の大きさで、脚が短く、チョコチョコと動く様子が可愛らしいクモです。
クモ一般が苦手でもハエトリグモは平気という人も多いようです。
屋内でも数種が良く見られ、誰しも「ああ、あのクモか」と見覚えがあるでしょう。
ハエトリグモの写真集 続きを読む

アシダカグモの食事

部屋に現われたアシダカグモと思しき大型のクモを捕まえて飼っています。
“大型”といっても脚を除けば1.5cmほど、脚を入れても6cmくらいでまだまだ子供です。
アシダカグモのサイズ

餌はゴキブリ(ワモンゴキブリ)や、ときどきコオロギや蛾などを与えています。
一種類の餌だけ与えていると「飽きて餌を食べなくなる」ということで、栄養のバランスなどを考えています。 続きを読む