月別アーカイブ: 7月 2011

政治家の議論って

======以下、退屈な前フリ=====
震災以来、政治の重要性が再認識されているように思う。
本来ならば”平時”であっても、その”平時”を保つ不断の努力として政治が極めて重要なのだが、これまでの日本では「帝力何ぞ我にあらんや」で無関心な人たちがその時々の雰囲気で動き、マスメディアがエンターテインメントのように大衆を煽っていた。
その結果が民主党のような「その場しのぎの口先だけ」の政治家に権力を与えてしまったことは、有権者が反省すべきことだろう。
今後は「政治家が何を言っているのか」を雰囲気では無く、内容をみて理知的に判断することが必要だと思う。 続きを読む